【BitRegion】デザイアービットコイン破綻したけど・・・今後どうなる?


つい先日、知る人ぞ知る、とあるHYIPの投資案件が破綻してしまいました。。

それは、DesireBitcoin(デザイアービットコイン)

いま流行の、BitRegionRightrizeあたりと同じタイプといえる案件です。

言い方が悪いですが、高い金利を餌に、お客さんからお金を集めるというタイプの案件です。
(基本的に投資はすべてお金集めではあります。このブログでいうHYIPは、ド直球のお金集めを指します)

前にも書きましたが、こういうタイプの投資はいずれ破綻します。
生き残ったとしても、高金利をずっと維持することはできないでしょう。

◆デザイアービットコインのその金利、時利1%!!

時利って言葉、聞いたことあります?

自分のや職場のPC、スマホなどで変換してみましたが一文字ずつ変換しないと「時利」になりませんでした・・・。
(というか日利すらでてきませんけどね・・・・)

時利1%とはつまり、「1時間に1%の配当がもらえる」ということです。

デザイアーコインは、運営が平日のみのようですので、月~金曜日に日利24%もの配当を出すとうたっていたようです。

2週間で倍になるということですよね。

しかし・・・1週間で破綻しました。

そりゃあ、そうですよね
さすがに無理がありますね・・・

そこまでハイパー高金利だと、詐欺だと思う人が大半ですから、お金も逆に集まりにくかったのではないでしょうか。(実際詐欺でした)

日利1%ですら厳しいですよね。

日本でナンバーワンの定期預金高金利のオリックス銀行で年利0.2%ですからね。

これが現実。

◆BitRegionはどうなる??

このブログでもよく取り上げられている、ビットリージョンはどうなのでしょうか?

ここ最近はビットリージョンは日本人が7~8割であるとか、

PH(預入)が少なくなって、GH(引き出し)が多くなっているとかいう、
ネガティブキャンペーン的なコメントも目立っています。(悪気がある人ばかりでないとは思いますよ)

この情報は、嘘ではありませんしね。

ただ、いくら日本人が多いとはいっても、日本人の大半はビットリージョンを知らないでしょうし、
知ればやりたがる人もたくさん出てくるでしょう。

これは、外国でも同じことです。

最近はビットリージョンよりも簡単で配当の良いHYIPも出てきていますが、
流行っているもののほうがいいという人は多いでしょうしね。

以前億万長者をたくさん出したビットクラブも、
今では月利3%と言われていますし、

ビットリージョンはここまで成長していますから、
ある日突然飛んでしまう可能性よりも、配当が少しずつ減っていくという可能性のほうが高いと思いますよ。

日本ではあまりこういうことはありませんが、
リリースして、不具合を少しずつ直し、とりあえずまたリリースして、また不具合を治す・・・という繰り返しは、海外の会社では多いようです。

グーグルやアップルなどもそうですしね。

もちろん、デザイアービットコインのようにいきなり引き出せなくなってしまう可能性も0とは言い切れませんがね。。

なにが起こるのかわからないのが、投資です(;^_^A

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

◇◇◇

https://twitter.com/arigatayasan/status/816617767109468160

↑近日公開予定(たいしたことはできない)!!

【こちらの記事もおすすめです】

電通の過労死事件でブラック企業は見直されるのか?

ダウンがつかない理由とは?何でも人選びが大事です。

「物販ビジネス」で成功した成金アカウント続出!果たして稼げるのか?

泉忠司さんが推してる「ノアコイン」は詐欺なのか?

学校の勉強なんて意味がない?不登校の哲学者「中島芭旺」くんとは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク