「稼ぎ方教えます」に要注意!


%e7%84%a1%e9%a1%8c

「ステーキを売るな シズルを売れ」という言葉を知っていますか?有名な言葉ですよね。

ネットワークビジネス(アムウェイ、ニュースキン、モデーア系)をやっている人には、知らない人はいないかと思います。

この言葉の意味は、ステーキのような肉を売るのであれば、

ステーキのような料理、肉そのものではなく、シズル(ステーキを焼くときのおいしそうな音やにおい)を売ったほうがよく売れるといった意味です。

つまり、勧誘において「ステーキ(商品、ビジネスそのもの)を売るな、シズル(成功してお金持ちになって、贅沢している姿)を売れ」ということですね。

私個人の考えとしては、この売り方は飲食や美容、娯楽などには適していますが、やはりネットワークビジネスに関してはあくまでもサブ的なポジションで使ったほうがいいと考えています。

楽して稼いでいるといった姿を見て簡単に勧誘に乗る人もいるのでしょうが、この情報時代にそんな人は数少ないでしょうし、やはりそういう人はのちのち頑張らなかったり、一方的に騙されたといってクレーマーになる人も多いものです。

◆SNSに横行する勧誘ビジネスアカウント

今まで、私はSNSがあまり好きではなく、大学入りたての頃少しmixiをしていて、現在はLINEを連絡用として使用していたくらいでした。

そんな私が、最近Twitterをはじめまして、SNSがこんなに幅広くピンからキリまでのビジネスに使われていると知り、驚いています。

今回は、私が個人的に注意すべきだというタイプの勧誘を取り上げます。

・「シズル」を売るタイプ

バイナリーオプション系に多いのですが、「今日の稼ぎです♪」などといって札束の写真を載せたり、旅行に行ったり、贅沢な食事を自慢するアカウントです。

また、FXなどで儲けた画面や、アドセンスなどで数百万もの収入を得たという画面のスクリーンショットを載せているアカウントもあります。

こういった人たちが、実際に稼いでいるのかどうかを検証することはできませんが、大抵飲食店の名前は載せていませんし、そもそも画像はいくらでも作るはできますよね。

・「下手な鉄砲数うちゃ当たる」タイプ

ツイッターでいえば、自動ダイレクトメールなどを設定して、「人生変えませんか?」などと言ってくるタイプです。

ツイートの内容もひたすら同じことを繰り返したり、動画などを流したりしています。

単にこれは「自動収益化」などを謳っており、SNSでひたすら勧誘を垂れ流すという方法を教え、さらに勧誘して…の無限ループであることが多いです。

また、こんな人とDMのやりとりをしたことがあります。

相手「フォローありがとうございます!パチプロをやめ今ではビジネスで成功して自由になっています。友達を増やしたいと思いメールしました(自動DM)」

私「ありがとうございます!どんなビジネスですか?」

相手「ネットを使ったビジネスです」

私「アドセンスなどのアフィリエイトですか?」

相手「情報販売です」

私「なんの情報ですか?」

相手「パチスロです」

私「・・・」

結局パチンコかいな(;^ω^)

◆以外と引っかかるひと、多そう

日本は税金ばっか高くてマイナス金利で、しかもお金に関する教育を行わず、労働することだけが稼ぐ方法だと教えていますよね。

働くことは決して悪いことではありませんし、私も当生懸命働く人は素敵だと思うし、尊敬しています。

でも、仕事が辛いと感じたときに、日本人は比較的人に騙されたりする機会が少ないですから、「楽して稼げる」と言われて気になってしまう人も多いのではないかと思います。

ただ、普通に考えて、本当に月何百万、何千万と稼いでる人がネットで普通の人にいきなり連絡して何かを売る、なんてしません。

だって、例えば、ビルゲイツや孫正義から個人的に営業が来たことなんてないですよね、普通は。

そういう人は何もしなくても、自然と人が集まってきますから。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

【この記事もおすすめです】

☆増税・天下り・富裕層の節税・・・すべてはこういうやり方になっている

☆私は高額塾や情報商材を売りつける業者ではありません。

☆TwitterやFacebookで話題のバイナリーオプションは詐欺なのか?

☆詐欺師を見極め、最短ルートでお金持ちになる方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク