低年収の人は、やっぱりそれなり。愛もお金も手に入れよう


purikura_couple

突然ですが、あなたは恋人とのデートのお会計はどうしていますか?
ちゃんとお互いに納得できていますか?

男性が全部出すのか、
よく言う男性7:女性3くらいなのか、
それとも割り勘なのか、
まさかの女性の奢りなのか…

恋愛とは個人的なものですし、マニュアルやコラムなどはいっさい参考にならないと思っています。
そうです、人それぞれでいいのです。でも物申したいのです。

◆こういうこと言う男性には要注意

よくネットなどで見る男性の意見。

「なんで男ばっかりデート代出さないきゃいけないんだ」
「男に奢られてうれしいなんて、金目当てだろ。」
「男ばかり金出すなんてひどい。会社の給料が安いのはみんな同じなんだから。」
「専業主婦になりないなんて怠け者の寄生虫だ。」
「結婚後は女の収入にも頼るのは当たり前。今は不景気で男女平等なんだ。」

なんだか収入の少なそうな、頼りない男性ですね。
不景気なのも、会社の給料が安くなっていることも、間違っていません。
まぁ、奢ってもらって当たり前、というような女性は同性から見てもちょっと…とは思います。

ですが、なんだかあまりにも世の中のせいにしすぎじゃないですか?
そして、女性をどうしてそんなに敵視するのでしょうか?
自分だけが被害者だけだと思っているようですね。

男性は好きでいてくれない奴にお金を貢ぎたくない、
女性は好きでいてくれない奴に身体を弄ばれたくありません。

ですがこういう男性には両者にこういう気持ちがあることを理解していません。
だからお金は出し渋るのにすぐに身体は求めます。

◆被害者意識の強い人はまるで貧乏神

断言しますが、被害者意識の強い人は自力でお金持ちになることができません。
しかも、まわりを不幸にします。
お金持ちになることと人を幸せにすることはとても似ているのです。

上記で例にあげた被害者意識の強い男性は、外部の要因にばかり目を向け、愛する人のことさえも敵対視しています。

稼げないのは世の中のせい、女に金出しても無駄って、そりゃあうまくいかないですよ。
もちろん出世できないし、現状を変えようともしません。
ですが酷なことに、そういう人に限って自分の欲しいものは我慢できません。

そういう男性と結婚したらどうなりますか?
自分と相手の収入も考えてやっとなんとかなる状態なんですよね?
もし子供が生まれたらどうなるか?
女性を敵対視しているのに、女性の産んだ子供を愛してくれるわけがありません。
自分が守ってもらうこと、自分の欲しいもののほうが大事なのです。

自らの権利ばかり主張して、悪いことがあると環境や人のせいにする。
だから考えないし行動しない。
悪循環が繰り返され、どんどん貧困の迷宮に迷い込んでいく。

◆不満なら現状を変えるべき

つらつらと長文を書きましたが、私も昔はそうでした。
高度経済成長の価値観を鵜呑みにしていて、恵まれている人を妬んでいました。

日本国民全員にバブルが訪れることはないでしょう。
しかし、1990年代~2000年代にはITバブルが訪れています。
そしてこれからは、Fintecが成長していくと言われています。

現代には現代のチャンスがあります。
人のせいにばかりしている自分とも、そういう人ともさよならして、チャンスを見逃さないように自分を磨いておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク