競馬WIN5で4億円の配当を所得隠し…なぜ脱税するのか?


sports_keiba

大阪府寝屋川市の市役所の財務担当が、競馬で4億3000万円当てて、約6200万円脱税したというニュースが話題になっていますね。

容疑者の職業も職業ですから、本当に自分の元金でやったのか?という点も、少し気になってしまいますよね。

4億3000万円も稼いだのですから、わざわざリスクを冒さずに税金の6200万円素直に払ったらいいのではないか?という疑問が残りますよね。
しかし、今までニュースになった事件は、大金持ちの税逃れが目立ちます。
なぜ、お金があるのになぜ脱税してしまうのでしょうか。

◆そもそも税金は理不尽で不平等

日本の税金は世界でもトップクラスに高いです。
普通に労働すれば源泉徴収や保険などで、自分の稼いだお金なのに一度も手に取ることなくお金がとられます。
しかも、消費税だけでもこの先どんどん増税し、あっという間に20%くらいにはなると予測できます。
このような税金の取り方は、国にとっては非常に税金を取りやすいシステムとなっていますが、その反面経済が回らない原因となっています。

◆お金がある奴は、いいじゃないか!

お金があるなら税金を払ったって痛くもかゆくもないじゃないか、という人もいます。
私も子供のころはそんなふうに思っていました。
でもお金持ちは相応な努力と貢献をしてお金持ちになった人たちなのです。
貧乏な人よりも頭を使って、働いている結果が報われた結果なのですから、できるだけ税金を払いたくないという気持ちになるのは自然なことだと思います。

◆じゃあなんでギャンブルでも脱税するの?

たとえギャンブルで稼いでも、自分の判断が正しかった、自分は金持ちにふさわしいと神様が認めてくれた、などといって気が大きくなってしまったのでしょうね。
ギャンブルといえど、競馬にしろパチンコにしろ知識や情報があると有利な部分があります。
ただのまぐれなのに、自分の力だと錯覚してしまう部分もあるのでしょう。

◆でも脱税はダメ

いくら努力してお金持ちになろうと、法律に違反してはいけません。
お金を稼ぎ、持ち続けている人は必ず知識があります。
知識を持ちつつ、投資でもビジネスでも、その取引が有利かどうか計算できる力を持つことも大切です。
高度経済成長が終わり成熟した国となった日本で豊かに暮らしていくために、資産を守るための知識を身に着け、まずは身近な自分のお財布事情から整理整頓していきたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク